忍者ブログ

イタリアワイン&フード.com

イタリアのワインと食品を生産地から紹介していきます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル OLIO OLIVA (2)


  





La Mossa Extra Virgin Olive Oil

La Mossa Extra Virgin Olive Oil

  エキストラ:ヴァージン・オリーブオイル「カニーノ」
  OLIO EXTRA VERGINE DI OLIVA CANINO (DOP)
 カニーノと言う地名はこのオリーブ栽培のおかげで有名になりました。すでにエトルスコ時代にオリーブの栽培がおこなわれていたことが知られています。

 何世紀にも渡って栽培されていたとはいっても、再発足のきっかけになったのは、1950年以降、トルローニア公爵家の所有農地が、農地改革に基づき農民に分配されてことです。これ以降には、カニーノ協同組合と民間企業の誕生、経済発展により、オリーブオイルは他の地域市場にも売られることになりました。
現在、オリーブオイルの市場は広域になり、生産量の85%が全国市場に売られています。

 カニーノDOPが許されるのは、カニネーゼ、レッチーノ、ペンドリーノ、マウリーノ、フラントイオの各種のオリーブの実を独自または混合して100%に至らなければなりません。酸性度は0,5%以下、色は黄金がかったエメラルド・グリーンで、完熟の状態で収穫されるため、オリーブの実の香りもフレッシュでしっかりした味わいがあり、かすかな苦味と辛みが後味に残ります。
原料のオリーブは、ヴィテルボ県のカニーノ一帯で生産されます。





432☆海外のお土産◆イタリア◆キャンティ・クラシコDOPエキストラバージンオリーブオイル
432☆海外のお土産◆イタリア◆キャンティ・クラシコDOPエキストラバージンオリーブオイル
  エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル「キャンティ・クラシコ」
  OLIO EXTRAVERGINE DI OLIVA CHIANTI CLASSICO (DOP)
 キャンティ・クラシコ産のオリーブオイルには、代々引き継がれてきた極めて古い伝統があります。オリーブオイルの生産は歳月の中、人口増加や栄養価、宗教(油の使用が求められる儀式、行事)などの要因に大きな影響を受けてきました。広大な森林地帯がブドウ畑やオリーブ畑に開拓され、フィレンツェ市とシエナ市の間に広がるトスカーナの景観に素晴らしい趣を添えるようになりました。

 1716年、トスカーナ大公コジモ3世によって法令が制定され、生産地域に特別な関心が払われるようになりました。大公は現代の生産地域の境界線を区画し、この地域のオリーブとブドウの品質を守ろうとしました。1819年にG・ダヴァンディが著した「オリーブ生産理論および実践面に関する完全なる論考」には既にキャンティ・クラシコの栽培地域が示されています。

 キャンティ・クラシコ地区産エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルは、フラントイオ、コッレッジョーロ、モライオーロ、レッチーノと言った品質のオリーブ(最低80%)を単独または混合して生産されています。色合いは濃い緑色から黄金色を帯びた緑色、オリーブと果実の際立った香とやや苦味がかった辛さが感じられます。

 キャンティ・クラシコ産オリーブオイルの生産地域は、シエナ県およびフィレンツェ県の数多くの村にまたがっています。そうした地域は、1932年7月31日付閣僚会議令によって規定されているキャンティ・クラシコ・ワインの生産地と重なっています。
キャンティ・クラシコ産エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルは2000年11月6日 DOP(原産地呼称)の認定を受けました。





  エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル「チレント」
  OLIO EXTRA VERGINE DI OLIVA CILENTO (DOP)
 チレントのオリーブ栽培は古く、高貴な伝統を誇ります。起源は古代ギリシャ時代、から古代ローマに征服された時代までいまで遡り、フィチェージと呼ばれるギリシャからの避難民がビッショッターナ種のオリーブを栽培し始めました。この品種は最初チレント地帯のビッショッタ地域で栽培されたためこの名前が付きました。

 チレント地域の風景にはオリーブは欠かせないもので、収入源でもあり日常生活に深く溶け込んでいます。チレントには名高いアメリカの栄養学者で、地中海ダイエットの父と呼ばれたキース氏が住んでいて、「オリーブオイルの中には、コレステロールを減らし、循環器系の機能を高めてくれるポリフェノール成分が多く含まれる」と発表しました。

 オリーブの栽培と加工はサレルノ県南部、国立公園内に位置する62にも及ぶコムーネの領域で行われています。
オリーブの収穫は、手又は機械で12月31日までに終え、その後2カ月以内に搾油され、1ヘクタールの収穫は11トン以内、搾油率は22%を超えることはできません。
オリーブオイルの色は緑から淡黄色、オリーブの実と香り、軽い苦みが感じられなくてはならず、酸度は0,7%までとされています。
 




                                  <農産物特産品>
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

パルミジャーノ・レッジャーノ

ゴルゴンゾーラ・ピカンテ

タレジョ(ウォッシュ・チーズ)

ブラ・チーズ 面白い!!

ワイナート・バックナンバーあり!

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・グラス

P R

プロフィール

HN:
birrajun
性別:
男性
職業:
フリー
趣味:
お酒、映画鑑賞
自己紹介:
お酒が好きで、BARをやっていました。ワインはイタリア・ビールはベルギー、
病気で入院、時代の変化、多くを失いました!死を目の当たりにすると大事なものが見えてきます。
健康アンチエイジング、自己啓発、根本的な宇宙の引き寄せの法側、良い物は良い!

バローロ 1970 DOCG 最後の一本だそうです!

バローロ[1970]テッレ・デル・バローロ

バローロ[1970]テッレ・デル・バローロ
価格:13,965円(税込、送料別)

バローロ 1967 DOCG あと1本だそうです!

バローロ 1981 DOCG あと2本だそうです!

ルーチェ 1996(スーパー・トスカーナ)

サッシカイア 2010 優良ヴィンテージ・異例のDOC昇格!

サグランティーノ・モンテファルコ 1998 DOCG あと3本!

プラスアルファ

Copyright ©  -- イタリアワイン&フード.com --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Claudia35 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]