忍者ブログ

イタリアワイン&フード.com

イタリアのワインと食品を生産地から紹介していきます。

カテゴリー「フレッシュチーズ」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フレッシュチーズ Formaggi freschi


  
 
  
  ここをクリック
  カンパーニア産モッツァレッラ・ディ・ブファラ
  MOZZARELLA DI BUFALA CAMPANA (DOP)
 イタリアにおける水牛の飼育は12世紀には始まっていたとされているが、水牛の乳を使って大量にチーズづくが行われるようになったのは、1,600年以降である。

 この水牛乳から造られるチーズは、初めはカンパーニア地方のみで食べられていたが、18世紀に入ると他の地域にも伝わり、広く食べられるようになった。

 カンパーニア産モッツァレッラ・ディ・ブファラは、フィラトゥーラ工程(フィーロ=糸から派生した語。熱湯の中で生地を搾る工程で、糸状に長く伸びるほど粘り気が出る)を経て造られるフレッシュチーズで、外皮は非常に薄く、生地は光沢のある白磁色です。チーズを切ると切り口からホエー(乳清)が染み出し、モッツァレッラに独特の風味を与えている水牛乳の生き乳酸の醗酵香がする。形は主に球形。三つ編みにしたものや、ひと口大、さくらんぼや真珠程度のサイズもある。
生産地域はガゼルタ、サレルノ県の全域と、ベネヴェント、ナポリ、フロジノーネ、ラティーナ、ローマ県のいくつかのコムーネです。

  
  
  

  
  ムラッツァーノ
  MURAZZANO (DOP)
 大プリニウスの博物史の中で賞賛されているアスティ産のチーズがムラッツァーノの起源です。高脂肪のチーズで、熟成期間が4~10日と短いフレスコ・タイプ。羊乳100%、あるいは羊乳に最高40%までなら牛乳を加えて造ることが認められている。

 形は円筒形。牛乳チーズトミーノに似た外観を持つ。乳白色の生地は軟らかく、適度な歯ごたえがあり、外皮はない。洗練された味わいで、繊細で快い香りがある。
生産地域はクーネオ県の多くのコムーネと、アルタ・ランガの丘陵地域です。

  
  
  

  
  ロビオーラ・ディ・ロッカヴェラーノ
  ROBIOLA DI ROCCAVERANO (DOP)
 このチーズの起源は、ケルト人がリグーリアを支配していた時代まで遡ることができます。大
プリニウスや、パンタレオーネ・ダ・コンフィエンツァもこのチーズの質を高く評価し、製造工程について記述した。

 高脂肪のチーズで、熟成せずに造られるフレスコ・タイプ。2回の搾乳から得た牛乳の脂肪分を一部取り除いて使う。牛乳最高85%までと、ヤギ乳、羊乳最低15%以上を原料とする。外皮はなく、乳白色の微粒状の生地。香りと味は共に繊細で、かすかな酸味がある。形は円筒形。
生産地域はアスティとアレッサンドリア県の多くのコムーネです。






食材・食品 ブログランキングへ                      <農産物特産品>          
PR

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

パルミジャーノ・レッジャーノ

ゴルゴンゾーラ・ピカンテ

タレジョ(ウォッシュ・チーズ)

ブラ・チーズ 面白い!!

ワイナート・バックナンバーあり!

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・グラス

P R

プロフィール

HN:
birrajun
性別:
男性
職業:
フリー
趣味:
お酒、映画鑑賞
自己紹介:
お酒が好きで、BARをやっていました。ワインはイタリア・ビールはベルギー、
病気で入院、時代の変化、多くを失いました!死を目の当たりにすると大事なものが見えてきます。
健康アンチエイジング、自己啓発、根本的な宇宙の引き寄せの法側、良い物は良い!

バローロ 1970 DOCG 最後の一本だそうです!

バローロ[1970]テッレ・デル・バローロ

バローロ[1970]テッレ・デル・バローロ
価格:13,965円(税込、送料別)

バローロ 1967 DOCG あと1本だそうです!

バローロ 1981 DOCG あと2本だそうです!

ルーチェ 1996(スーパー・トスカーナ)

サッシカイア 2010 優良ヴィンテージ・異例のDOC昇格!

サグランティーノ・モンテファルコ 1998 DOCG あと3本!

プラスアルファ

Copyright ©  -- イタリアワイン&フード.com --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Claudia35 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]