忍者ブログ

イタリアワイン&フード.com

イタリアのワインと食品を生産地から紹介していきます。

カテゴリー「バルサミコ酢」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バルサミコ Balsamico 2

  
    
  レッジョ・エミーリア産の伝統的アチェ―ド・バルサミコ
  ACETO BALSAMICO TRADIZIONALE DI REGGIO EMILIA (DOP)
 レッジョ・エミーリア産の伝統的アチェ―ド・バルサミコの生産の起源は、はるか昔まで遡る。この製品が最初に記録に登場するのは、1,046年、ドイツのハインリヒ2世が、ローマでの戴冠式のための旅の途中、ピアチェンツァに立ち寄った折のことです。ハインリヒ2世はトスカーナの侯爵のボニフェチオに対して、「極めて完璧に作られていると伝え聞く」特製のアチェート(ビネガー)を献上するように要望した。

 12世紀、13世紀、14世紀には、アチェードの製造者組合が確かに存在していたことが知られている。組合の加盟者は、製法の秘密を堅く守らなければならなかった。ルネサンス期を通じて、アチェート・バルサミコは、エステ家の宮廷にみられるように、王や貴族たちの食卓に極めて頻繁に登場する。

 1,859年までモデナやレッジョの公爵領を治めた家系では、その年代記に何世紀にもわたってアチェート・バルサミコについて記述を残している。1,476年、エステ家のアルフォンソ1世の即位とともに、バルサミコの歴史は決定的な飛躍を遂げる。やはりレッジョ生まれだったルドヴィーコ・アリオストもまた、その詩の中でアチェート・バルサミコに言及している。

 レッジョ・エーミリア産の伝統的アチェート・バルサミコは、煮詰めたモスト(ブドウ液)に糖分と酢酸による発酵を起こさせる単純な製法で造られる。しかし、レッジョ地方のバルサミコの秘密と知恵は、様々な材質と木材(オーク、栗、桑、サクラ、ネズ、トネリコ)で作られた樽の中で進行する、その後の熟成と精製工程の中に発揮される。

 熟成は長期にわたり、最低でも12年は続けられる。アチェート・バルサミコの熟成には大きな温度差が必要となるため、アチェタイア(熟成庫)を設ける理想的な設置場所は、天井裏か屋根裏になる。

 レッジョ・エミーリア産の伝統的なアチェート・バルサミコは、次に上げるブドウの品種をすべてあるいは一部を用い、定められたブドウ畑で収穫されたブドウを用いて生産しなければならない。ランブルスコ(すべての変種と分種群)、アンチェロッタ、トレッビアーノ(すべての変種と分種群)、ソーヴィニョン、スガヴェッタ、ベルゼミーノ、オッキオ・ディ・ガッタ。同様に、レッジョ・エミリア県のDOCに登録されているブドウ畑のブドウから生産することも許されている。

 製品は、透明で光沢のある濃い茶色している、濃度は極めて高く、シロップのような粘土を持っている。香りは深く、長く続き、心地良い酸味と、用いる樽によって異なる個性的なブーケが芳香を立ち上げている。味は甘さと酸っぱさがほどだよくからみ合い、様々な、感覚的特性の調和のとれた絶妙な酸味を醸し出している。

 生産組合では認証印制度を採用して、レッジョ・エミリア産の伝統的アチェート・バルサミコ専用のボトルを作っているほか、瓶詰して販売する製品の感覚的特性に応じて「赤紫色の検印」、「銀色の検印」「金色の検印」と言う3っつのレベルの分類を行ている。今日、アチェート・バルサミコの極めて多彩な用途は、ハイレベルな食生活や最高級の料理の味付けにとってはなくてはならないものになっている。ほんの数滴のアチェート・バルサミコを隠し味に使うだけで、他の味を消してしまうことなく、一層引き立ててくれる。生産地域はレッジョ・エミリア市の行政区域全域に広がっている。






食材・食品 ブログランキングへ                       <農産物特産品>
PR

バルサミコ Balsamico 1


     
     
  モデナ産の伝統的アチェート・バルサミコ
  ACETO BALSAMICO TRADIZIONALE DI MODENA (DOP)
 モデナ産の伝統的アチェート・バルサミコは、酢をベースとする調味料の分野において、世界でも例のないユニークな製品です。アルコール飲料を原料とする通常の酢と違って、アチェート・バルサミコは、原産地で収穫される典型的なブドウのモストを煮詰めた物から造られます。
それは、何世紀にもわたって、モデナの食文化の伝統の中で培われてきたものであり、その起源は既にに2,000年も前から行われていた慣行にまで遡れます。

 アチェート・バルサミコは、原産地で収穫される典型的なブドウを原料として造られる。蓋のない壺に入れて直火で煮詰めてモストを、貴重の木材の樽に入れ、自然な酢酸発酵を起こさせる。その後はトラヴァージ(樽移し)を繰り返しながら何年にもわたって熟成を続けることによって、あの独特の特製をそなえていきます。

 製品の色合いは、光沢のある非常に濃い茶色になっていて、心地良い酸味がもたらす深い香りと、甘酸っぱく調和のとれた味わいが特色となっている。更に濃度については、シロップ状の程よい粘土を示す。

 製造工程は4っつの要素によって統制される。製造印、法律で定めた専用ボトル、品質保証封印、組合印の4っつです。製造印は、生産用のすべてのボトルに対して、登録番号を順番に焼印の形で印してゆくもので、アチェタイアの登録台帳と共に、生産の管理上の証拠となっている。法律で定めた専用ボトルは、組合が所有していて、モデナ産の伝統的アチェード・バルサミコを消費者に販売する際に用いる唯一の容器です。番号入りの品質保証封印は、製品に対して組合職員が科学的、物理的特性の分析を、テイスティング委員会が感覚的特性の分析を施したことを証明するものです。製品が非生産者によって販売される場合でも生産者を特定できる仕組みになっています。

 最後に、組合印は、生産規則を守る生産者に許されるものであり。製品は最低でも12年間の熟成の後に一般市場に送り出される。25年以上の熟成を行った製品に対しては、「エキストラ・ヴェッキオ」の呼称を付けることが許される。
アチェード・バルサミコは、野菜や茹で肉に振り掛けるほか、ソースの材料や肉や魚料理の仕上げにも用いられる。
生産ている。
ライネリ アチェート(アセト)バルサミコ リゼルバ 250ml
ライネリ アチェート(アセト)バルサミコ リゼルバ 250ml






食材・食品 ブログランキングへ                      <農産物特産品>           

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

パルミジャーノ・レッジャーノ

ゴルゴンゾーラ・ピカンテ

タレジョ(ウォッシュ・チーズ)

ブラ・チーズ 面白い!!

ワイナート・バックナンバーあり!

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・グラス

P R

プロフィール

HN:
birrajun
性別:
男性
職業:
フリー
趣味:
お酒、映画鑑賞
自己紹介:
お酒が好きで、BARをやっていました。ワインはイタリア・ビールはベルギー、
病気で入院、時代の変化、多くを失いました!死を目の当たりにすると大事なものが見えてきます。
健康アンチエイジング、自己啓発、根本的な宇宙の引き寄せの法側、良い物は良い!

バローロ 1970 DOCG 最後の一本だそうです!

バローロ[1970]テッレ・デル・バローロ

バローロ[1970]テッレ・デル・バローロ
価格:13,965円(税込、送料別)

バローロ 1967 DOCG あと1本だそうです!

バローロ 1981 DOCG あと2本だそうです!

ルーチェ 1996(スーパー・トスカーナ)

サッシカイア 2010 優良ヴィンテージ・異例のDOC昇格!

サグランティーノ・モンテファルコ 1998 DOCG あと3本!

プラスアルファ

Copyright ©  -- イタリアワイン&フード.com --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Claudia35 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]